WordPressでfunction.phpを更新したら管理画面が真っ白で何も表示されない…考えられる原因とFTPソフトによる対処法

WordPressでfunction.phpを更新したら管理画面が真っ白で何も表示されない…考えられる原因とFTPソフトによる対処法 Wordpressブログの管理方法

function.phpを少しいじって確認したら、自分のサイトが真っ白! 管理画面にも入れない( ゚д゚)

 

画面が真っ白になってしまった場合、それでも管理画面が表示されれば比較的対処もしやすいです(大体プラグインのせいです)

 

が、今回はfunctions.phpをいじってミスった場合の対処法について解説していきます。

 

管理画面も真っ白になってしまった場合は、FTPソフトを使います。

FTPとは何か、FTPソフトのインストールから使い方まで

  1. WordPressでfunction.phpを更新したら管理画面が真っ白で何も表示されない…考えられる原因とFTPソフトによる対処法
    1. 1.FTPとは何か
    2. 2.FFFTPのインストールと設定・使い方
      1. パソコンに合わせて32bit版か64bit版かをダウンロードします。
      2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
      3. 「次へ」をクリックします。
      4. 「次へ」をクリックします。
      5. 「インストール」をクリックします。
      6. 「完了」をクリックします。
    3. 3.FFFTPの設定
      1. 起動したら、①「接続」をクリック、②「ホストの設定」をクリックします。
      2. 「新規ホスト」をクリックします。
      3. 設定に必要な各項目は、レンタルサーバーのユーザーページから入手できます。
      4. ①「ユーザー設定」→②「アカウント情報」をクリックします。
    4. 4.FFFTPの使用方法
      1. 接続をクリックします。
      2. 「wp-content」をクリックします。
      3. 「themes」をクリックします。
      4. 現在使用しているテーマをクリックします。
      5. functions.phpを選択しておいて、左上の青の矢印をクリックします。
      6. ダウンロードができますと左のローカル側に「functions.php」が現れますので、右クリック→「開く」をクリックします。
      7. ファイルをクリック→上書き保存をクリックします。
      8. 青の↑アップロードボタンをクリックします。
      9. 上書きでOKをクリックします。
      10. アップロードが完了したら、接続をクリック→終了をクリックして、FFFTPを終了します。
  2. 【結論】functions.phpをいじるときは必ず事前にFTPソフトでローカルに落としておきましょう

WordPressでfunction.phpを更新したら管理画面が真っ白で何も表示されない…考えられる原因とFTPソフトによる対処法

 

1.FTPとは何か

FTPとはFile Transfer Protocolの略で、直訳するとファイル転送プロトコルです。(とりあえずは、どうでもいいです)

 

わかりやすく言うと、パソコンとサーバー間でファイルをやり取りする通信方法ということになります。

 

FTPソフトは、FTPの方法でパソコンからサーバーにファイルをアップロードしたり、サーバーからパソコンにファイルをダウンロードをするものです。

 

FTPソフトを使って、画面真っ白の対処をしていきましょう。

 

2.FFFTPのインストールと設定・使い方

FTPソフトもいくつかありますが、おすすめはFFFTPです。

日本製なので日本語表示ですし、パソコン側とサーバー側とで画面2分割されていて使いやすいです。

 

FFFTPのダウンロードページ

窓の杜
「FFFTP」定番FTPクライアントソフト

 

パソコンに合わせて32bit版か64bit版かをダウンロードします。

ダウンロードファイルを保存します。

 

ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

インストール先を変更したい時は「変更」をクリックします。

「インストール」をクリックします。

「完了」をクリックします。

 

3.FFFTPの設定

FFFTPのショートカットをダブルクリックして、起動させます。

 

起動したら、①「接続」をクリック、②「ホストの設定」をクリックします。

 

 

「新規ホスト」をクリックします。

 

設定に必要な各項目は、レンタルサーバーのユーザーページから入手できます。

 

ロリポップを例にあげます。

 

①「ユーザー設定」→②「アカウント情報」をクリックします。

 

ちょっとごちゃごちゃしてますが

  1. 「設定名」 分かりやすいブログ名など
  2. 「ホスト名」←サーバー情報の「FTPサーバー」
  3. 「ユーザー名」←サーバー情報の「FTPアカウント」
  4. 「パスワード」←サーバー情報の「FTPパスワード」
  5. 「ローカルの初期フォルダ」 パソコン内のドキュメントに新規フォルダを作成し、指定 します。
  6. 「OK」をクリックします。

 

これでFFFTPの設定は完了しました。

 

4.FFFTPの使用方法

FFFTPを使用して、functions.phpを修正します。

 

接続をクリックします。

 

「wp-content」をクリックします。

 

「themes」をクリックします。

 

現在使用しているテーマをクリックします。

 

functions.phpを選択しておいて、左上の青の矢印をクリックします。

 

ダウンロードができますと左のローカル側に「functions.php」が現れますので、右クリック→「開く」をクリックします。

 

ファイルをクリック→上書き保存をクリックします。

メモ帳で開きますので、追加・変更した部分=間違えた部分を修正します。

もしも全然間違えた場所がわからなかったら?

 

そのテーマの初期状態のfunction.phpをアップロードしましょう

 

テーマのzipファイルを公式サイトからダウンロードして、function.phpを取り出してアップロードすればOKです。

 

青の↑アップロードボタンをクリックします。

 

上書きでOKをクリックします。

 

アップロードが完了したら、接続をクリック→終了をクリックして、FFFTPを終了します。

 

【結論】functions.phpをいじるときは必ず事前にFTPソフトでローカルに落としておきましょう

ブログを表示してみてトップページが通常通り表示ができましたら、作業は完了です。

functions.php以外でも、FFFTP等のFTPソフトを使用すれば、管理画面にアクセスできなくても、ファイルの修正を行うことができます。

 

 

以上、WordPressでfunction.phpを更新したら管理画面が真っ白で何も表示されない…考えられる原因とFTPソフトによる対処法でした

感想・コメントをお気軽にどうぞ