【Fetch as Googleの代わり】URL検査ツールの使い方とインデックス登録・反映の結果をテスト。サーチコンソールの話

【Fetch as Googleの代わり】URL検査ツールの使い方とインデックス登録・反映の結果をテスト。サーチコンソールの話 アクセスアップの戦略

fetch as googleが使えなくなって、代わりの機能を探していませんか?

 

新しいURL検査ツールって、本当にfetch as googleみたいに「すぐにGoogle検索結果」にインデックス登録してくれるの?

同じ機能があるのかどうか…

 

じっさいに試してみました。

結論から言うと、すぐに反映してくれます

 

やり方を説明しますね。

【Fetch as Googleの代わり】URL検査ツールの使い方とインデックス登録・反映の結果をテスト。サーチコンソールの話

URL検査を押すと、画面が暗くなって、上のURL入力バーが強調されます

 

ここに、fetchしたい(=インデックス登録リクエストしたい)URLを入力します

 

https://から入力します

 

fetch as googleは、ドメイン以降のページアドレス部分だけでしたが、

新しいURL検査では、httpsからフルアドレスを入力します

 

以下のアドレスがありますが

https://montecrist.com/how-to-apply-for-google-adsense-800

 

以前のfetch as googleであれば

how-to-apply-for-google-adsense-800

ここの部分だけ入力してました

 

しかし今回の新しいURL検査では、ドメイン部分含めてコピペします

 

アドレス全部コピペするほうが簡単なので、ここの作業は少し楽になりました

 

で、URLを入力すると、少し待ち時間があってから、こんな画面になります

URL が Google に登録されていません

 

こうしたら、まだインデックス登録されてません

公開URLをテストを押しましょう

 

すると画面が暗くなってこんなポップアップが出ます

待ってるだけでいいです

ほかに作業でもしてましょう

 

すると、次のような画面になります

 

インデックスの速度は? 数分でインデックスされました!

さて問題は、すぐインデックスされるのかどうか…

 

テストしてみたところ、数分でインデックスされました

 

なので、fetch as googleと同じように使って問題ありません

 

 

fetch as googleと新しいURL検査の違い

思いついたままにあげますと

 

URL検査のほうがインデックス登録の待ち時間が長い

待ってる時間は長いです。1~2分との表記。

別の作業していないと、「長いな~」と思うくらいには長いです。

 

URL検査はインデックス登録する際に、問題を教えてくれる

こんな忠告が出ることも

 

モバイルユーザビリティに問題があるけど、登録していいの?

 

みたいな確認が出ます

 

モバイルフレンドリーではありません、をクリックすると…

こんな感じで、何がいけないか教えてくれます

直すのが楽ですね。(スマホ表示を確認して、問題ありそうなところを直せばOK)

 

正直言うと「いいから黙って登録してください」と思わんでもない…笑

 

とりあえず気が付いたのはそんなところです

何か違いなどがありましたら、ぜひコメントで教えてくださいませ

 

以上、【Fetch as Googleの代わり】URL検査ツールの使い方とインデックス登録・反映の結果をテスト。サーチコンソールの話でした

 

感想・コメントをお気軽にどうぞ