【WordPress吹き出しセリフの作り方】プラグインSpeech Bubbleの使い方と画像設定方法

WordPressプラグインの設定や使い方

ブログ記事などでよく見かける吹き出しのセリフ。

「見やすくていいな〜使いたい!」と思ったことはありませんか。

自分とサブキャラクター対話や誰かのインタビュー記事など、会話を文章だけでなく吹き出しで作ってあるととても読みやすいですよね。

しかし、毎回自分でhtmlやコードを手動で打って入力するのは、とても面倒臭いですよね。

そこで、Wordpress(ワードプレス)のプラグイン「Speech Bubble」を活用すると簡単に吹き出しで会話を作ることができます。

 

 

今回は、Wordpress(ワードプレス)のプラグイン「Speech Bubble」をインストール、設定する方法について手順を追ってご説明します。

WordPress(ワードプレス)のプラグイン「Speech Bubble」をインストール、設定する方法

 

1.ワードプレスの管理画面から「プラグイン」をクリックし、「新規追加」を選択。

2.「Speech Bubble」を検索してインストール

「新規追加」をクリックすると「プラグインを追加」の画面に移動します。

右上のキーワード検索で「Speech Bubble」を入力するとすぐ検索されます。

いくつかプラグインが表示されます。真ん中あたりにSpeech Bubbleがありますので、「今すぐインストール」をクリックします。

これでSpeech Bubbleのインストールは終了です。

プラグインを有効化するだけで、細かい設定は必要ありません。

 

「投稿」→「新規投稿」へ移動するだけで使えます!

次は実際に使っていきましょう。

初心者でも簡単!「Speech Bubble」の使い方

1.「投稿」→「新規投稿」で記事作成画面を開く。

[speech_bubble type="In" subtype="L1" icon="画像の名前" name="表示させたい名前"]吹き出しの内容 [/speech_bubble]

このコードを入力する。

これで吹き出しが表示されますが、画像を設定しなければなりません。

 

2.入れたい画像を設定する

画像は、FTPソフトを使ってアップロードしていきます。

FTPソフトはいろいろあり、無料で使えるものもたくさんあり、「FileZilla」などがおすすめです。

 

今回は、レンタルサーバーのmixhostに標準搭載されているツールを使って設定していきます

mixhostに登録した際に届いたメールからコントロールパネルにログインします。

 

 

ファイルマネージャーをクリック!

 

 

 

public_html → wp-content → plugins→vanny-bean-speech-bubble → images この順で左側でどんどん開いていきます。

 

imagesのところで、画像をアップロードしたいので、アップロードをクリックします。

 

ファイルを選択から入れたい画像をアップロードします。

 

アップロードした画像名を「icon=”画像名.jpg”」の部分に入れましょう。

 

3.文字や画像の下の名前の入れ方

画像に表示させたい名前のところに自分の名前であったり、キャラクターの名前を入れて表示させます。

吹き出しの内容の部分に吹き出しに入れたい言葉を入力しましょう。

 

4.プラグインAddQuicktagに登録しておくと簡単に入力できる!

毎回、このコードを入力するのは大変ですよね。

プラグインAddQuicktagに入れておけば簡単にコードを入力することができます。

 

設定すると…

記事の作成画面でボタンとして表示されます!

 

これで、プラグイン「Speech Bubble」を活用した吹き出しの設定は終了です!

結論と補足。WordPressテーマによっては吹き出しが標準搭載されてます

プラグイン「Speech Bubble」のインストール方法と設定はこれで以上です。

ここまでお疲れ様でした!

 

ワードプレスのテーマによっては、最初からふきだしの専用のコードを入力して、画像の名前や表示させたい名前を入力するだけでいいものもあります。

 

  • JIN
  • ハミングバード
  • ストーク

などなど。多くの有料テーマが吹き出しコードを搭載しています。無料だとCocoonが使えます

 

例えばこれはワードプレステーマ「JIN」の吹き出しコードです。

 

FTPソフトを使うのは初心者だとかなり難しく感じますよね。

デザインもテーマを使えば簡単に整いますし、ワードプレスのテーマを取り入れてみるのもおすすめです。

 

テーマは思い通りの記事やデザインをするために、私たちの時間をとっても短縮してくれますよ

 

ぜひ吹き出しを使って、読みやすい記事をどんどん書いていきましょう!

感想・コメントをお気軽にどうぞ