【WordPress】固定ページにカテゴリー別に全記事のタイトル一覧を自動生成するプラグインPS Auto Sitemapの使い方

【WordPress】固定ページにカテゴリー別に全記事のタイトル一覧を自動生成するプラグインPS Auto Sitemapの使い方 WordPressプラグインの設定や使い方

【悩み】

  • 自分のブログのサイトマップを作りたい
  • 全記事が一覧で見れるページを作りたい

 

【対策】

プラグイン「PS Auto Sitemap」を有効化して設定すると、固定ページに全ての記事が一覧表示できるページが作れます

設定も簡単です、この記事で丁寧に紹介します

1つのページで、自分のブログの全記事が簡単に表示できるプラグイン「PS Auto Sitemap」を紹介します。

はじめに設定方法を見ていきましょう

【WordPress】固定ページにカテゴリー別に全記事のタイトル一覧を自動生成するプラグインPS Auto Sitemapの使い方

PS Auto Sitemapのインストール、有効化

まずはじめに「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック

次に右上の検索窓に「PS Auto Sitemap」と入力後、プラグインが出てきますので「今すぐインストール」をクリック。

 

「今すぐインストール」をクリックするとダウンロードが始まります。

ダウンロードが終了したら「有効化」をクリックしてください。

これで「PS Auto Sitemap」の導入は完了です。次に設定方法を紹介します。

PS Auto Sitemapの設定方法

「PS Auto Sitemap」は導入しただけでは、使うことができません。

設定を少し行う必要があります。下記に設定方法を紹介します。

 

まず、ダッシュボードの管理画面の左側にある「設定」⇒「PS Auto Sitemap」をクリック。

ここをクリックします

 

そうすると設定項目がずらっと出てきます

設定できるところは色々あるのですが、初心者の方、よく意味の分からない方は青枠の箇所以外はそのままでOKです。

 

青枠の「サイトマップを表示する記事」という項目だけは、必ず設定する必要があります。

ただし、今すぐにはできません。

 

ここの数字は、サイトマップ表示させたい記事のIDを入力する欄でして、その記事をこれから作ります

そして設定項目の一番下に、

 

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

 

と書かれたタグがあるので「コピペ」してください。

 

次に「固定ページ」⇒「新規追加」をクリック。固定ページの新規作成画面を開きます

この新規ページに作成した全記事一覧を表示させます。

記事タイトルはとりあえず、全記事一覧にしておきました。サイトマップとかでもいいです

次に、先ほど設定画面でコピペしたタグを文字入力画面に貼ります。

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

コレです

上記のように貼り付けたら「公開」をクリック。

 

次に「固定ページ」をクリックすると、先ほど作成したページタイトルが表示されます。

次に作成した記事の編集をクリック。

そうするとブラウザ(chromeやsafari)のURL欄に

http://URL post.php?post=532&action=edit

などと表示されているはずです。

post=の後に表示された「532」の数字をコピーします。

※ 本記事の場合は532でしたが、ブログによって数字が異なります。ご自身の数字を確認してください

 

そして、「PS Auto Sitemap」の設定項目に戻り、コピーした数字を「サイトマップを表示する記事という項目に入力します。

この画像は1089になってます。あえて違うサイトの画像を持ってきました

このようにブログによって違いますので、IDは確認してください

数値を記入後、下の「変更を保存」をクリック。

先ほど作成した全記事一覧の固定ページを表示すると、以下のように、ブログ全記事一覧が1ページで表示されます。

固定ページなので、メニューに設定できます。

 

グローバルメニューに設定をすれば、どの記事からも1クリックでサイトマップに移動できます

以上が、「PS Auto Sitemap」の設定方法でした

 

以下は、どうしてこういうサイトマップが必要なのか、という話。

設定方法だけが知りたい方は、以下は読まなくてもかまいません

 

※こういう話はたいてい冒頭に来ますが、今回の記事はサイトマップの作り方を知りたい人向けなので、そもそもの必要性の話は最後に持ってきました。

サイトマップが必要な理由を「読者目線」で具体的に説明

読者は検索であなたのブログにたどり着きます

 

もしあなたの記事が面白かったら、こんな風に思います

  • 「このサイト面白いから、ほかの記事も見たいな」
  • 「このブログ、ほかにどんな記事が書いてるのかな?」

これぞサイト冥利に尽きます

 

そういう場合って、たいてい読者さんはトップページに飛ぶんですよね

で、記事一覧を眺めるんですが、初期設定だと10記事ごとにページが切り替わりますよね。

 

全記事を見るには何度もページを送らなければならないので、これは訪問者の方には不便。

「全部の記事のリストをとりあえず見たい」とサイトマップを探している読者さんも少なからずいます

そういう読者のために、サイトマップを用意したいわけです

サイトマップを手動で作るのは非現実的です

といっても、手動で作るのは大変。

1記事更新するたびに、サイトマップのページも更新するなんて、手間がかかりすぎますね

そこで、全記事表示を1ページでまとめられるプラグインが「PS Auto Sitemap」

「PS Auto Sitemap」ができること=全記事表示

この「PS Auto Sitemap」は固定ページに全ての記事をリスト化したページを作ります(サイトマップ)

このページを、グローバルメニューなどの項目に追加すれば、どの記事からでも1クリックでサイトマップに移動できます

「PS Auto Sitemap」は便利なプラグインですので、ぜひ導入してみてください。

 

以上、【WordPress】固定ページにカテゴリー別に全記事のタイトル一覧を自動生成するプラグインPS Auto Sitemapの使い方でした

感想・コメントをお気軽にどうぞ