【wordpress5.0】エディタ(記事作成画面)が使いにくいから元に戻す方法。戻し方はプラグイン”Classic Editor”を使います

【wordpress5.0】エディタ(記事作成画面)が使いにくいから元に戻す方法。戻し方はプラグイン"Classic Editor"を使います WordPressプラグインの設定や使い方

 

この記事では「Classic Editor」のインストール方法、設定方法などを紹介いたします。

 

新しいエディタ=「Gutenberg」ビジュアルエディターは、とにかく慣れないと大変ですよね…

 

WordPress5.0以降、新エディターである「Gutenberg」がリリースされました。

Gutenbergは使いやすく、機能性が優れていると評判なのですが、多少癖があるのも事実です。

 

そして、エディターが従来のものと変わってしまい、ちょっと慣れない…と感じていることと思います。

 

上記の画像をご覧になれば分かると思いますが、文字装飾、段落などの管理がよくわからなくなってしまったという話ですよね。

 

実際、わたしもその一人でWordPress5.0が更新されたときは、かなり驚きました。

 

「うーん、慣れるまでストレスしかない。記事作成画面だけ元のエディターに戻せないの…?」

 

と悩んでいたのですが、やはり、同じことを考えていた方がいるようで、WordPressのプラグインを利用すれば、旧エディターが使用できるものがありました。

 

そのプラグインは「Classic Editor」です。

 

この「Classic Editor」を導入することで従来のエディタに戻せますので、新しいGutenbergエディタ画面では慣れない方はぜひお試しください。

 

インストールして有効化するだけ、設定不要です

【wordpress5.0】エディタ(記事作成画面)が使いにくいから元に戻す方法。戻し方はプラグイン”Classic Editor”を使います

はじめにプラグイン「Classic Editor」を検索→インストール

ダッシュボードの画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリックしてください。

「Classic Editor」をインストールします

プラグインを追加の画面で右上のキーワードの欄にClassic Editorと入力します。

そうするとClassic Editorのプラグインが表示されますので「今すぐインストール」→「有効」のボタンを押してください。

設定は一切不要。すぐに元のエディタに戻せて使えます

上述した通り、Classic Editorをインストールして有効化すれば、設定をせずとも旧エディターを利用できるようになります。

文字装飾、段落の管理なども簡単に使えるようになります。特に難しい操作は必要としません。

結論 Gutenbergエディタに慣れる時間がもったいないならClassic Editorを使って元に戻しましょう

ビジュアルエディタを元に戻すプラグインはほかにもありますが、ちょっとややこしい設定が必要です

 

一方、Classic Editorは有効化するだけでOK。簡単なプラグインなのが楽でいいです。

 

こういった管理の部分は楽なほどよいです。私たちは記事執筆・コンテンツ作成にできるだけ集中したいですからね。

 

新エディターのGutenbergはリリースされたばかりで、機能性が重視され、使いやすさはまだまだ改善の余地があります。

慣れれば使いやすそうではありますが、メインブログではなく、サブブログで試してみるなど、少しずつ操作に慣れていってもいいですね。

次回のアップデートでもう少し使いやすくなる可能性もあります。

 

しかし、慣れる時間がもったいない。

どんどん記事を更新したい方は、「Classic Editor」を導入してエディタを元に戻しましょう。

 

以上、「【wordpress5.0】エディタ(記事作成画面)が使いにくいから元に戻す方法。戻し方はプラグイン”Classic Editor”を使います」でした。

感想・コメントをお気軽にどうぞ