WordPressプラグインAddQuicktagの設定と使い方。ショートコードで吹き出しや装飾ができる

WordpressプラグインAddQuicktagをインストール、設定する方法 WordPressプラグインの設定や使い方

ブログ記事を書くときに、文字の色を変えたり、大きさを変えたりするときはhtmlやCSSを打ち込まなければなりません。

毎回手動で入力するのはとても手間ですし、覚えるのも種類が多くて大変…。

 

そこで、ぜひ使って欲しいWordpress(ワードプレス)のプラグイン「AddQuicktag」を紹介します!

 

WordPress(ワードプレス)のプラグインAddQuicktagをインストール、設定する方法

AddQuicktagは、htmlやCSSのコードを記憶させ、上のメニューのボタンをポチッとするだけで、反映してくれます。

 

手動で入力しなくても良いですし、登録しておけばその都度調べると言う手間もありません。

よく使うコードを登録しておきましょう!

 

では、インストールから順にご説明していきます。

 

1.ワードプレスの管理画面から「プラグイン」をクリックし、「新規追加」を選択。

2.「AddQuicktag」を検索してインストール

「新規追加」をクリックすると「プラグインを追加」の画面に移動します。

右上のキーワード検索で「AddQuicktag」を入力するとすぐ検索されます。

インストール済なのでボタンが「有効化」になってしまっていますが、

「今すぐインストール」というボタンですのでクリックしましょう!

 

3.Table of contents plus有効化

インストールが終わったら、左のメニュー「プラグイン」をクリックし、

「インストール済みプラグイン」で一覧が表示されます。

 

有効化をクリックしましょう。

これでインストールは完了です!

次は実際に使ってみましょう。

太字黄色マーカーを登録する。「AddQuicktag」の初心者でも使いこなす方法。

まずはAddQuicktagを開きましょう。

左のメニューから「設定」にマウスを合わせ、「設定」のメニューが表示されるので、

「AddQuicktag」をクリックします。

 

AddQuicktagをひらくとこのような画面になります!

 

例として

  • 文字の大きさ1.5em
  • 太字
  • 黄色マーカー

のhtmlを登録していきます!

 

ふつうにやったら、3回の作業が必要ですが、AddQuicktagなら1クリックで済みます

 

1 ボタン名を入力

「ボタン名」に記事執筆画面のメニューのボタンで表示させたい名前を入力します。

今回は「1.5、太字、黄色マーカー」にします。

2 「開始タグ」にhtmlを登録します

ボタン名の隣の「開始タグ」に記憶させたいhtmlを入力します。

文字を1.5emで太字、さらに黄色マーカーにするhtmlは、

 

<p style="font-size: 1.5em;"><span style="background-color: #ffff00;">文章をいれる!</span></p>

 

なのでこれを入力します。

入力したら、「変更を保存」をクリック!

 

3 実際に太字黄色マーカーを使ってみましょう

右のメニューの「投稿」から「新規追加」をクリックし記事の執筆画面へ移動します。

 

執筆画面のメニューに今登録したボタンが追加されているのでクリックしてみてください!

 

手動で入力しなくてもhtmlが表示されました!

 

AddQuicktagインストール、設定完了!

以上でインストールと設定、使い方の説明です。ここまでお疲れ様でした。

 

ぜひインストールして、手間を無くし、どんどん記事を書いていきましょう!

 

以上、WordpressプラグインAddQuicktagの設定と使い方。ショートコードで吹き出しや装飾ができるでした

 

感想・コメントをお気軽にどうぞ