【300円でOK】タスク形式でアンケートや体験談を大量に集める方法。募集文の書き方

月100記事安定更新のブログ外注化戦略

きなりですが、質問です。

300円で5000文字分の記事ネタを集められるとしたら、やってみたいですか?

 

もし回答がYesなら、この記事を読む価値があります。(もしNoなら、そっと閉じてくださいw

 

うさぎ
うさぎ

だって、できるんだもの

 

外注依頼デビューはタスク300円から始めましょう。

工夫次第で300円で3記事書けますよ。

 

1日30分の管理で

月に100記事を更新する

ブログ外注化戦略シリーズ

 

クラウドワークスのタスク形式を活用して、欲しいテーマの体験談や意見を集めまくる方法を伝えるよ

 

今回は依頼・詳細のタスク形式の書き方です。

 

タスク形式 依頼詳細文の書き方

応募が殺到する外注依頼文の書き方では、プロジェクト形式とタスク形式の2つの説明をしていますが、今回はタスク形式です。

 

前回のプロジェクト形式の話

 

重要なのは簡潔に書く事です。

プロジェクト形式の場合は丁寧に書く事がコツでしたが、タスク形式の場合も簡潔に書く事がコツです。

 

回答を集めるコツ。依頼文は簡潔に

『回答を集めるコツ』としては依頼文が長いと回答は来ません。

応募者にとってタスク形式でのアンケートは簡単に募集が得られる事がメリットです。

しかし、依頼文が長すぎると回答者は最後まで読みません。

そのため依頼文は簡潔にして下さい。

 

うさぎ
うさぎ

プロジェクト形式の募集と、発想を180度転換します。

 

プロジェクト形式は長い付き合い

じっくりと読んで頂ける人でないと、採用したくありません。

 

その反面、タスク形式は1回限りの関係

パッパッパッとお互い簡潔に・楽に済ませる事が重要です。

タスク形式依頼文の構造を4つに分解

構造を4つに分けます。

  1. 対象
  2. 内容
  3. 注意
  4. 作業項目

 

と、イメージ通りの回答を得るために依頼文を書く際はこの4つを意識して下さい。

1つずつ説明をしていきます。

 

対象を絞る

まず『対象を絞る』です。

 

タイトルを具体的にして詳細を示します。

ハムスターを飼った経験がある人
手相を見てもらったことのある人

 

具体的な質問と回答を得るには、過去に同じ経験のある人などで対象を絞っていくことです。

 

うさぎ
うさぎ

ハムスター…そこはうさぎじゃないのか

内容を具体的にする

2つ目に『内容を具体的にする』ことです。

 

うさぎ
うさぎ

○○について意見を書いてください

と伝えて下さい。

 

また、この時に解答例を示すと良いです。

 

1つのタスクに対してテーマは1つだけにしてください。

複数の質問は基本的にしないほうが良いです。

複数の質問がある場合は、タスクを複数に分けたほうが回答率が上がります。

 

例えば

タスク形式で100文字程記入する質問を10個出題する

回答者の気持ちが続かず途中で離脱してしまいます。

 

なので基本的にはパッパッパと素早く出来るアンケートを意識してください。

 

注意を記載する

『注意を記載する』

 

うさぎ
うさぎ

ここでは文体や内容を統一させるのが目的です。

 

具体的には、『ですます調』で書いてくださいと伝えることです。

 

  • 1人は箇条書き
  • 1人はである調
  • 1人はですます調
  • 1人は顔文字使いまくり

 

こんなにバラバラだと、同じ記事には載せられません。

 

求めている内容と文体を、具体的に注意書きに記載しましょう

 

もう1つ、コピペや使い回しについては必ず記載して下さい。

特に『使い回しをしないで下さい』と書くのは重要ですね。

 

タスク形式で依頼を出すにあたって、駄目なアンケート例を挙げます。

20代の女性の悩み教えてください

と記載すると、他に似たような依頼があった際にはコピペで全部回答してしまいます。

 

あなたの悩みを教えてください

って案件が10個あったら、そりゃ全部コピペでまとめて回答しますよね。当たり前です

 

で、回答を使いまわした場合は、当然コピペツールではOKが出ます(インデックスされてないから)

だから、使い回しをしないで欲しいと伝えるのは非常に重要です。

 

また使い回しができないように、きちんと内容を絞り込んでいくことも重要です。

 

うさぎ
うさぎ

そのための工夫が「対象を絞る」「具体的な質問」です

 

以上について意識するのがとても大切です。

 

作業項目を作成する

最後に『作業項目を作成する』事です。

こちらに関しては答えやすい選択肢を先に用意しておくのが最大のコツです。

 

作業を始めて、

1問目から1000文字くらい書いてくださいと書いてあるタスク。

 

回答者から見たら、「やってらんね」

そのタスクから離脱してしまいます。

 

しかし、最初に

  • 性別を教えてください。
  • 男・女・回答しない

 

  • 年齢教えてください。
  • 10代・20代・30代・40代

 

という風にボタン1個で選べるようにしておくと

それだけで2個の質問に答えられます。

 

別に年齢なんか要らないんだけど
回答者の緊張をほぐすのが目的です。ウォーミングアップです

 

あ、これサクサクできそう、と思ってもらえるように、1秒で回答できる質問を入れてます。

質問をこなしていくうちに回答者の緊張が解れ、より良い回答が得られます。(たぶん笑)

 

性別を選んで、年齢を選んだ

 

この時点で、そのタスクにコミットしている気持ちが回答者の中で高まります。

 

そして、1回始めると人間は基本的には

  • 「途中でやめたくない」
  • 「最後まで終わらせたい」

 

という心理が働く。

なので、この性別・年齢は必要がなくても常に設置しておくといいです。

 

1秒で解答できる質問を置くことで

離脱時間を1分伸ばせる

 

そんなイメージ

 

タスクで応募が集まらない、ダメな質問の仕方

○○の映画の感想を自由に300文字以上で書いてください

と端的に伝えるのは駄目です。

 

複数行のボックスに対して1個だけでも駄目です。

これだと使い回しが多発してしまいます。

 

有名な映画の感想は他の依頼者の方もアンケート・タスクを作っています。

 

しかし回答者は全てコピペで使い回しをします。

 

さっきも言いましたが、

例えば1件100円の依頼が10件あり、同じ作品の感想を求めたもの

これなら1つ書いてしまえば残りはコピペで回答し1000円貰えます。

この仕方だと使い回しが増えてしまいます。

 

うさぎ
うさぎ

ではどうすれば良いか。

タスクで応募が集まる、良い質問の仕方

○○の映画の好きな人物や好きなシーンを教えてください

と具体的に絞り質問する事でコピペはしづらくなります。

 

回答者はコピペの回答だと質問と意図が違うという意識が働きます。

それでも貼り付けてきたら

質問と回答の内容が合致していないため非承認です

って言えます。

 

少しでも具体的に絞ると効果的です。

作業ボックスは1つではなく、2つ以上にするのがコツです。

2つ以上とは年齢・性別をいれるだけでもいいです。

年齢・性別・自由な感想とこの3つだけで良いです。

 

しかし10個などと多すぎてもダメです。

出来るだけ相手に楽をさせてあげる

出来てる感を増やすのがコツです。

 

外注が初めての方はまずタスクで300円から

タスク形式での依頼が殺到する募集文の書き方の説明は以上です。

 

外注が初めての方はまずタスクで300円外注をすることに慣れるのが第一歩。

今後タスク形式でアンケートを出す方々にとってこの記事や動画が参考になれば嬉しいです。

 

今回は以上です。

うさぎ
うさぎ

質問や相談などあったらお気軽にお問い合わせください。

 

外注ライターさん用の記事作成マニュアルがメルマガ登録でダウンロードできます

よかったら↓までスクロールしてみてください。

感想・コメントをお気軽にどうぞ