【1晩で20件】応募が殺到する外注募集タイトルの書き方。クリックしたくなるテクニックを2つ紹介します

月100記事安定更新のブログ外注化戦略

った2つの工夫で

モチベーションの高い応募者が殺到する

うさぎ
うさぎ

そんなタイトルの付け方についてお話します。

殺到と言っても抽象的なので 一応1つの事例としてはこんな感じです

500円の案件でも見せ方だけで 20人は応募者が集まります

 

一目見てクリックしたくなる外注案件のタイトルの付け方を話すよ

 

ポイントは一つだけ。目を引くタイトルをつけることです

プロジェクトもタスクも共通です

まずダメな例を説明します

初心者歓迎空いた時間にブログ記事を書きませんか

記事作成ライター募集マニュアル付きで誰でも安心です

 

何がダメかっていうとこちらです

具体的な内容はない
平凡すぎて目に留まらない

 

仕事を受ける側はこの依頼のタイトルを見ても、どんな記事を書けばいいかわかりませんよね

たくさんの仕事がある中で全く個性のない同じようなタイトル

 

これではクリックさえ、されません

 

Google の検索結果と同じです

何か調べ物をするときに検索結果の1位から10位まで

全てほとんど同じタイトルだったら

クリックする気にならないですよね

 

うさぎ
うさぎ

つまり他の依頼と違いがわからないようなタイトルはダメ

じゃあどうすればいいか

良いタイトルの付け方。ブログと考え方は一緒

テクニックを2つ紹介します

1 タイトルを【】(墨付き括弧)で目立たせる

 

画像の例を一つずつ簡単に説明すると

 

30代女性限定→ターゲットどんな人に応募して欲しいか明確にしている(共感)
1記事2000円→好条件の見せて依頼内容を確認させる(CTRの向上)
訴えてやる→ここで話しかけて目を引く。キャッチコピー的な役割。【】のあとを読ませる
コピペで ok→普通禁止と言われてるタブーに触れる

 

このような工夫を取り入れればクリックしたくなるものです。

 

うさぎ
うさぎ

要するに、クリックしたくなるタイトルを考える

応募者の心理を考えましょう

 

応募者の考えてることというのは

  • 楽しそうな仕事か
  • 割のいい仕事か
  • 私にできそうな仕事か
  • 楽できそうか

 

私と関係があるかも

と思わせることがコツです

 

ブログでは誰でもやっているような

ちょっとした当たり前のことですよね

 

なのに外注への依頼文作成となるとほとんどの人ができてないです

 

逆に言えば、自分がやればほとんど一人勝ち

テクニック2 募集テーマを明記する

【】の後ろの文章に何を書くかという話です

 

【テクニック1】テクニック2

というタイトル構成をおすすめします。

 

これも一つずつ簡単に説明していきます

 

美味しいコンビニスイーツ情報急募

具体的においしいコンビニスイーツ場

【30代女性限定】おいしいコンビニスイーツ情報急募

30代の女性にとって美味しいスイーツ

 

10代じゃなくて

男性でもなくて

30代女性の視点から見て美味しいと思ったコンビニスイーツが欲しい!

っていう依頼です。

 

最新映画〇〇(作品名)の感想募集

こんな依頼を書いたら

映画館でその映画を見てきたライターさんが興味を持ってくれます

 

絶対に許せないクズ男の話募集

自分過去に経験してきたしょうもない男について教えてください

体験談はライターさん側からすれば割と好きなテーマです

何も調べずに書けるので笑

特に恋愛はユニークな話が聞けてお勧めです

 

うさぎ
うさぎ

ユニークな話を聞きたければ依頼文をユニークにすることが大切です

かわいい赤ちゃんの写真をください

育児ブログを作るときに

自分の赤ちゃんのケースだけじゃなくて

かわいい赤ちゃんの写真を集める

 

ベビー用品の画像くださいなどでもいいですね

 

この商品持ってる人がいたら、使ってる様子の写真をください、といった感じです

 

もちろんこの場合は依頼詳細に

インターネットで使用していい人だけ応募してください、などと注意書きをしておきます

 

感想・コメントをお気軽にどうぞ