ブログのテーマが決まらない初心者時代に僕が1年で700記事書いた方法

ブログ初心者さんに読んでほしい記事

ブログやホームページのテーマが決まらないなら全く決めない雑記ブログと完全に決めてしまう特化型専門サイトの2つを持つと良いと思います

ブログを始めた最初の1年間振り返ってみると、700記事も書けた理由は主に次の五つです

  1. 昔のSNSの自分の投稿や日記をあさる(過去の自分に話を聞く)
  2. ブログを新しく作る(いわゆる特化型・専門)
  3. 本や雑誌を読みまくる(勉強して特化型ブログのネタにする)
  4. ジャンルにこだわらないブログにする(いわゆる雑記・ごちゃまぜ)
  5. 日常生活を題材にしてブログを書く

 

特に大きいのは3ですね。勉強したおかげで400記事以上は書けました

1では30記事ほど。最初のスタート(Googleアドセンス申請)などに重宝しました

 

ブログ書いてみたいけど、どんなこと書けばいいかわからない

とりあえず作って何記事か入れてみたけど全然ネタがない

 

ブログ始めたての頃ってテーマが決まらないのが最大の悩みですよね

 

私はブログを始めた最初の年は700記事書きました

けど、最初の頃は何書けばいいか悩みに悩んでいました。

 

なので何書けばいいかわからないテーマが決まらない状態からどうやって700記事も1年で書いたかをお話していきます

 

ブログ・ホームページのテーマが決まらない状態から記事を書けるようになった5つの方法

冒頭にもあげた、こちらの5つを詳しく振り返っていきます

  1. 昔のSNSの自分の投稿や日記をあさる(過去の自分に話を聞く)
  2. ブログを新しく作る(いわゆる特化型・専門)
  3. 本や雑誌を読みまくる(勉強して特化型ブログのネタにする)
  4. ジャンルにこだわらないブログにする(いわゆる雑記・ごちゃまぜ)
  5. 日常生活を題材にしてブログを書く

 

1 昔のSNSの自分の投稿や日記をあさる(過去の自分に話を聞く)

特にGoogleアドセンスに申請する前の段階

審査のために記事を入れる段階では、この方法がすごく役に立ちました

 

私はミクシーやFacebookなどに時折書き込みをしていたので、それを徹底的に漁りました(mixiなつい・・・)

 

そうすると割と、ブログ記事としても通用するようなテーマや文章がわんさか出てくるんですよね

 

もちろん何の内容もない日記がほとんどですけれども、中には面白い考察やテーマや情報が入ってたりします

 

  • 「どこどこへ出かけた」とか
  • 「こんな映画を見た」とか
  • 「こんな音楽を聴いた」とか
  • 「こんな夢を見た」とか
  • 「こんな腹立つことがあった」とか

 

こういう書き込みがあったら、きちんとキーワードを意識したタイトルにして、見出しなんかもつけてあげてブログの文章体裁を整えてあげるだけで1記事が出来上がります

 

別にSNSに限らず、あなた自身が手書きで書いた日記でもいいですし、パソコンに残っているレポートなんかでもいいです

要するに過去の自分が関心を持っていたことや過去の自分自身の話を聞いてあげましょう

 

応用としては、自分の検索履歴を漁ってみる方法も有効です

この場合は一から文章を組み立てないといけませんけどね

 

2 ブログを新しく作る(いわゆる特化型・専門)

今持っているブログと明らかにコンセプトが違うなとか、ジャンルが違うなっていう思いで書けない場合も多いです

 

そういう場合は、いっそのこと別のブログを作った方が心置きなく記事が書けます

 

例えば最初に私が作ったブログは書評ブログでしたけれども

次はスイーツに関心を持って色々と調べたり、記事にしようと思いました

 

もう、書評ブログの内容とは全然合わない

 

書きたいことがあるけど書けない

これが一番ストレスなので、さっさと別のブログを作ってしまった方が絶対にいいと思います

 

どうせブログを分けるのであれば、そのブログはそのジャンルに特化してしまうのが良いでしょう

  • 書評ブログ
  • スイーツブログ

こんな感じで

 

ただし、後述するように、ノンジャンルの雑記ブログも持っていると便利です

 

3 本や雑誌を読みまくる(勉強して特化型ブログのネタにする)

これは2番目の方法の補足でもありますけれども、専門的なジャンルのブログを書くなら勉強が必須です

勉強しなかったら絶対にネタ切れになります

 

逆に言えば、勉強すればどんどんネタやアイデアが生まれます

単なる体験記事でも、それについて勉強してる人と勉強していない人の文章は全然違います

 

たとえば私はうさぎ好きなんですが ₍ ᐢ. .ᐢ ₎

 

うさぎカフェの体験記事を書くとしますよね

 

  • 私が小学生みたいな単純なうさぎ好きなのか
  • ウサギの生態について詳しく調べてから出掛けているのか

 

で全然文章の中身が変わります

 

ただのうさぎ好きのうさぎカフェ体験記事

うさぎちゃんがたくさんで、かわいかった~~~モフモフが最高です!

匂いもしませんし、紅茶もおいしかったです!

気になる点としては、うんちがころころ転がってて、それをうさちゃん食べてましたけど(汗)

モフモフしたいあなたにはうさぎカフェがおすすめです ₍ ᐢ. .ᐢ ₎ ₍ ᐢ. .ᐢ ₎ ₍ ᐢ. .ᐢ ₎

 

うさぎオタクのうさぎカフェ体験記事

ここのうさぎカフェは、ネザーランドドワーフが3匹とロップイヤーが2匹 ₍ ᐢ. .ᐢ ₎

ネザーランドドワーフはピーターラビット。ロップイヤーはたれ耳うさぎです。

あ、本来うさぎの単位は「羽」ですが、個人的に「羽」だと食用な感じがするのであえて匹と数えてます

心配なのは匂いや汚れ。

うさぎは本来清潔な動物で、自分で自分をグルーミング(毛づくろい・手入れ)するので心配無用です

うんちが汚いと思われがちですが、ころころと乾いたうんちで、ほとんど草なので全く不潔ではありません。そもそもうさぎは自分のうんちを食べます。(食糞。うんちの微生物もエサにしてるので異常行動ではないです)

なのでうんちは極論、手で触っても大丈夫なくらいです(むやみに触らなくていいです)

 

 

という感じになります ₍ ᐢ. .ᐢ ₎

 

だからこそ、自分の好きなジャンル書きたいジャンルのことは今持っている自分の知識以上に徹底的に勉強してください

また何かのレビューをする場合も背景知識をたくさん持っていると全然書く内容が変わってきます

なので、是非ともブログを書く人は勉強を!! 本読んでください!!

 

本の内容もネタになる

実際、本からもアイデアが浮かんできます

実用書ではよくQ&A形式で構成されていることがあります

 

「赤ちゃんのお悩み・疑問100を解決」みたいな本

 

これって質問がそのまま記事のネタになるんですよね

「おむつを変えても泣き止まない理由」とか

これ答えをそのまんま本の引き写しをするのは、著作権違反になるのでダメです

しかし、記事を書くまでに10冊20冊と本を読んでいれば、ぶっちゃけそのQ&Aに書いてある本の内容以上の知識を自分自身が持っていることになります

 

だから、こんな感じの書き方ができる訳です

 

これこれの本にはAという理由が考えられると書いてあります。(引用する)

確かにそういう面もありますが、もしもこれだけで解決できない場合はBという面も考えられます

 

こういう書き方であれば、著作権違反にならないどころか、その本以上の内容を提供しているわけだから、非常に価値の高い記事になります

 

だから何度でも繰り返していますが、ブログを書くんだったら是非とも本を読んだりして勉強しましょう

それがたくさん記事を書くコツですし、読者にとって役に立つ記事を書く唯一の方法でもあります

 

こうした勉強のことをリサーチとも言います

 

4 ジャンルにこだわらないブログにする(いわゆる雑記・ごちゃまぜ)

本読むというのが一番大事なので、かなり長くなりました

専門ブログを作るんだったら本を読もうということですが、もう何を書いても気にしない雑記ブログを作っておくのも有効です

 

お持ちのブログの1つは雑記ブログにしちゃった方がいいです

もう趣味のことからイベントのことからテレビのことから育児のことから恋愛のことから結婚のことから学びのことから何でも書いてオッケーなブログ

 

意外にこういうノージャンルのブログの方がアクセスが伸びることが多いです

そしてジャンルごとに記事を書いていて、やたらアクセスがあるカテゴリーができたら、特化型のブログを新しく作ることもできます

 

雑記ブログと特化ブログの両方を持てば、1テーマで2記事書ける

元々特化型ブログを持ってる場合はほとんど同じテーマで、そのノージャンルのブログにも書けるわけです

 

「オンライン英会話 A社 B社 比較」

 

というテーマで記事を書くとしたら、英語学習ブログに書くのはもちろんですが、雑記ブログに書いてもOKなわけです

コピペはダメですけど文の構成や趣旨・事実としての情報は全く同じでいい訳です

サービスの比較表とか、使いまわせます。

 

1つのネタに1記事しか書いちゃいけないことはないんです

なので、なんでも書ける雑記ブログを持っておくことはおすすめします

5 日常生活を題材にしてブログを書く

これに関しては別の記事で詳しく説明しましたので、よかったらそちらをご覧ください

 

日常生活をブログに書いて稼げますか?

 

結論 勉強して、ブログを複数作ればテーマが決まって記事は書ける

ブログテーマが決まらないという悩みに対して、私が1年間で700記事書いた具体的な方法5つお話ししてみました

 

テーマが決まらないなら全く決めない雑記ブログと完全に決めてしまう特化型専門ブログの2つを持つといいと思います

 

もちろんテーマが決まれば700記事を書く必要はありません

私は量産スタイルの書き方だったので700記事も書きましたけれども、もっと少ない方法で稼ぐやり方もあります

 

私がこんなに多く書いた理由は、勉強して、それを描くことが楽しかったからでもあります

 

  • 自分にどんどん知識が身につくのが分かってくる
  • 書けば書くほど好きなことに詳しくなれる

 

それがブログをやる楽しみの一つでもあります

ブログを通じて自分が勉強するきっかけにしたり、知識を身につけてるんですよね

 

もし私のようなブログへの向き合い方が「いいな」と思ってくださった方は、是非とも参考にしていただければと思います!

 

感想・コメントをお気軽にどうぞ