【アフィリエイト記事のキーワード選定方法】公式サイトLPを見て集客記事を作りましょう(オンライン英会話のケーススタディ)

ブログ収益を増やす

今回は初心者さんのために

アフィリエイト案件の選定から

どうやってキーワードを探していくか

実際に案件を見ながら考えていきます

どういう風に

アフィリエイトのサイトを作っていくか

 

この動画を見ればわかりますよ(限定公開)

うさぎ
うさぎ

かなり濃い話なのでyoutubeで検索しても出てきません

 

今回は上記の動画の文字起こしです

アフィリエイト案件の探し方。ASPランキングから探そう

まずこのサイト

a8net という有名なASPのサイトです

ここ登録している方が対象です

 

もししてなかったらa8net 調べれば登録できますのでやるようにしてください

a8netに登録する方法がわからない場合は拙ブログで解説してます

 

アフィリエイト案件探しに入ります

どの案件探すか

 

一番楽なのは人気ランキングを見ることです

 

急上昇ランキング

  • レンタルサーバー
  • dmm

 

要するに上位の案件はよく成約している案件です

 

なので基本的にはランキング上位のものを見れば

絶対売れない商品をアフィリエイトしてしまうことはなくなります。

少なくとも可能性は下がります

 

アフィリエイターが気をつけること=売れる商品を紹介する

不人気商品をいくら頑張って紹介しても売れません

なのでランキングから選ぶのが無難です

 

人気のランキングからどの案件をチョイスするかですが

これはご自身が作っているブログの相性やジャンルを見て決めたほうがいいですね

たとえば英語学習サイトで

レンタルサーバーの紹介をする

 

まあ、何でも結び付けられなくはないんですけど難しい

 

なので、基本的には自分のジャンルに沿ったジャンル別ランキングを見るといいです

今たまたま英語といってみたので「学び」のジャンルを見てみましょうか

そしたらオンライン英会話トレーニングというものが2位にあります

アフィリエイト案件詳細でチェックするべきところは成果報酬

まず見るべきところは成果報酬です

報酬が500円とかだとやらないです

 

うさぎ
うさぎ

最低でも3000円は欲しいなと思います

 

あとは成果発生の条件です

これは無料体験レッスンで3000円

 

そこまでハードルは高くないです

オンライン英会話なのでお店に行く必要もないです

うさぎ
うさぎ

着地点があんまり難しくない案件を選ぶのが良いです

 

例えば

同じ無料でもジムやエステ

実際にお店に行って無料カウンセリングを受けるのが着地点

 

結構あります

しかし、、、

いぬ
いぬ

申し込んだはいいけど当日になってめんどくさくていかなかった

こんなこともあります

 

なのでできるだけ

家から出なくても済むような資料請求

登録の段階で成果が発生するものがいいですね

 

後は商品購入の時点で成果が発生する案件が多いです

購入の場合も無料サンプルの申し込みなどがあると、成果発生しやすいです

 

公式サイトの文言をなめるように読んでキーワードやターゲットを探す

うさぎ
うさぎ

何よりも見るべきなのは広告主サイト

いわゆるLPですね

あなたのサイトの読者は

最終的にはこのLPのページを見て申し込むかどうか決めるわけです

 

なので、企業側のLPが設定したターゲットも見えるわけです

「こういう人に申し込んで欲しい」

ターゲットがわかります

 

実際に少し見ていきましょう

toeic より会話力 こうした文言を見ていきます

toeic のために英会話をやりたい

 

そんな人はあんまりターゲットじゃないことがわかります

だから toeic なんかちょっとバカにしてるような人の方が刺さる

 

「toeic より会話力」

最初の1文に出てます

なので

  • 会話力を求めてる
  • toeic なんか高得点とっても役に立たない

と思ってる人がターゲットですね

「話さざるを得ない だから話せた」

  • 話さざるを得ない状況がある人
  • そういう状況を作りたい人

 

にアピールしてますね

 

LP内に動画があります

この動画も絶対見ましょう

文章だけじゃなく動画からも

どんな人に向けてアピールしてるのかを分析できます

「1つでも当てはまる方は」 ターゲットを絞ってます

TOEICではなく会話力を身につけたい

 

やっぱ toeicを軽視してますね

 

オリンピックのボランティアに申し込んだ

 

こういう文言が結構役に立ちます

これはオリンピックのボランティアに申し込んで英語が話せるようになりたい人向けですよね

集客記事「オリンピックボランティアの英語力はどれくらい必要か?」

こんな記事を書けます

ここで早速キーワード選定をしてみましょう

オリンピック ボランティア 英語力

 

たくさん検索ワードが出てきました

 

ライバルチェックをします

だいたい個人サイトですね

ドメイン見ればわかります

 

結構サイトがありますね

さらに調べるには

allintitle:(オールインタイトル)という検索フィルターをつけるといいですね

すると82件

 

オールインタイトルとは
検索結果に表示されたページタイトル(青文字)の中に
これらの単語が含まれているものを検索する機能

 

3語キーワードですがライバルが80サイトもあります

これ結構きついなとわかるわけですね

 

別の検索キーワードをサジェストの中から探してみましょう

「英語話せない」とか

「英語できない」とか

 

こっちの方がライバルが少ないんじゃないかなと予想できます

 

うさぎ
うさぎ

「英語できない」で検索してみましょう

 

allintitle:で検索すると、、、たった1件です

しかも明らかにやばいサイトです

download mp3 free とか書いてありますからね

 

だからこのキーワードで記事を書けば

上位表示する可能性は高いと予想できます。

 

これで、このオンライン英会話教材をアフィリエイトするためのキーワードが見つかりました

 

くま
くま

このキーワードで何を書くか?

 

それは、 lp をさらに研究して考えることです

 

なので

「オリンピック ポランティア 英語できない」

このキーワード(タイトル候補)は早速スプレッドシートなどにメモしておきます

 

こんな感じでlp を見ながらキーワードを探していく作業をすると、

そこまで的外れなキーワードが出てこないはずです

ほかの例:困ってる外国人を助けたい

困ってる外国人を助けたいとあります

これもキーワードを探してみましょう

 

うさぎ
うさぎ

キーワードは考えるものじゃなくて探すものです

 

「外国人 道案内 失敗」

最初の選定でイマイチ自信がなくても検索結果の下部で関連キーワードを見ると

またちょっと違ったキーワードが見つかります

「道案内 失敗」が含まれてないキーワードも探せます

 

このようにサジェストキーワードや関連キーワードを見ながら

一番しっくりきそうなキーワードを探せばいいんです

 

これもallintitle:で検索すると3件しかありません

全部ハッシュタグで、記事になっていない。

なので、このキーワードで記事を書けば上位表示が見込めます

 

ところで

「外国人 道案内 失敗」

このキーワードで何を書くか?

 

失敗した、これはエピソードや体験談になりますよね

なので例えば外注サイトで

「外国人に道案内を求められて失敗したエピソードを教えてください」

 

こんな体験談を集めることができます

 

恥ずかしいエピソードを紹介して

じゃあどうすればよかったのか?

 

恥ずかしい思いをせず
自信を持って外国人の方とコミュニケーションがとれる
そんな英語力をサクッと身につけるには
このオンライン英会話がぴったりです

 

という話につながるわけです(ちょっと短絡的ですが)

このように、集客記事(PVを集めるための記事)を作っていけますよ

 

 

お疲れ様でした。

アフィリエイト案件の公式サイト(LP。いわゆるセールスページ)を見て

サイトの集客記事のキーワードを探していく内容でした

 

参考になれば幸いです

感想・コメントをお気軽にどうぞ