【買いたくなる文章】アフィリエイトブログでものが売れるの書き方の基本と具体例

アフィリエイトの始め方・基礎知識

見ないと損! アフィリエイトで物が売れる文章の書き方を説明します。

 

こういう私は誰かというと、成果報酬型のアフィリエイトで30万円ほどの収益を上げています

要は「ものが売るための文章」を書いて、ある程度の結果を出しています

 

「30万? しょぼっ! オレの知ってる人は300万円稼いでるしw」

と思われた方は、参考にならないので見なくてOKです(笑)

実際もっとすごい方はゴロゴロいます

 

ただ、30万というとそれなりの数字ですし

私が指導した方の中には、0から15万円を達成した方もいます

 

【ということで、結論】

基本:まず感情を動かしてから、理性に訴える

具体例:トレーニングジムの例。綺麗な身体を示して(感情)、費用やモチベーションの壁を崩していく(理性)

 

【前書き】

ブログでアフィリエイトをするなら、当然ものが売れなければなりません

 

アドセンスなら売れなくてもいいのですが、もうけが少ないですよね

月に20万円以上稼ぐとなると、Googleアドセンスだけでは、相当アクセスを増やす必要があります

 

ブログで30万円くらい稼ぎたいとなると、ASPのアフィリエイトで、商品を紹介することになります

 

アドセンスのようにPVを集めなくても、十分に30万円は達成可能です

 

ただ、問題は

 

「書き方が難しい」

「どう書けばいいかわからない」

 

という点ですね

 

アフィリエイトでものが売れる文章の基本的な考え方と、具体例を説明します

アフィリエイトでものが売れる文章の書き方の基本とは?

ものが売れる文章=買いたくなる文章

 

これは「心動かす文章」とも言えます

【基本】人の心を動かす文章の書き方とは。男女で差はあるか

男性は理性で説得される
女性は感情で説得される

 

と言われますが、そうでもないです。

 

男性も感情で心動かされまくりますし
女性も理性なしでは説得されません

 

なので、男女であろうと、まずは感情で揺さぶりを与えて、次に理性に訴えかけましょう

 

【応用】トレーニングジムに男性が通いたくなる文章

男性は、ダメダメなオレでもできるかも!!

 

と思ってもらえればいいです。

 

たとえばこんな男性がいるとしましょう。

 

がりがり。身体鍛えたい。
でもジムに行っても続かねーよなー。高いし。
ぶら下がり健康器でけんすいとか、スクワットはしてる
でも何か意味あんのかこれ。。。と思ってモチベーション下がる
自己流じゃダメだよなー、でも理論的な本読んでもよくわからん。

 

こんな人に、ジムに通いたくなるようにさせるには?

 

感情を動かす例。実績を見せてフォーカスさせる

まず感情を動かします。

 

それにはバンバン実績見せるのが早いです。

ガリガリがいい身体になってるのを見せましょう。

画像や動画で。

で、そのあとにさらに言葉を投げかけます

「トレーニング楽しくて仕方ない、マジでやってよかった」と連発します。

(そういう点でライザップはやっぱりすごいですね。)

 

理性に訴えかける例。デメリットや抵抗を外す

次に理性に訴えかけます。

 

感情は「ほしい!」「やりたい!」と言ってますが

すぐさま理性が「だが、ちょっと待ってほしい」と口をはさんできます

 

ジムの例でいうと、壁は「費用」と「モチベーション」ですね

ここをいかに崩すか、が売れる文章・買いたくなる文章のポイントです。

 

【売れる文章の書き方】費用のデメリットを抑える

例えばですがこんな風にデメリットや心理的抵抗を突き崩します

 

  • ジムなら器具や指導があって、めちゃ効率よく鍛えられるよ。
  • 月1万円でも、1年きちんとやれば、身体大きくなるよ。
  • 1年で、やめたっていい。
  • その頃には、もう鍛え方わかるから、自分で維持できるよ。
  • そしたら人生たった12万円で、憧れの身体を手に入れられるよ

 

【買いたくなる文章の書き方】事前にモチベーションを高める

そのあとに、文章でモチベーションを最高潮に高めていきます。

理性の抵抗を外した後に、感情をさらに高めていきましょう。

 

「しっかりしたコーチを探すのが大事だよ。

コーチの選び方は、

こういうこと言うコーチはダメ!(例を書く)
こういうこと言うコーチがおすすめ!

それを踏まえると、おすすめは、このジムです(アフィリエイト)。

ここなら器具も揃ってるし、インストラクターが正しい理論習ってるから、まず外しません。

しかもコーチは、合わなかったらすぐ変えられます(「でも」の否定)

とりあえず体験だけでも出かけてみて、コーチがどんなこと言うか聞きに行ってみてください」

 

例えばこのような感じですね

リサーチすれば、もっと説得力のある文章が書けます

 

【マル秘テクニック】近い未来を見せる文章を書こう

近い未来を見せるのがポイントです

 

「1年後には変わってる」

「ジムに体験行ったらどうなるか。何をすべきか」

 

10年後、といっても、なかなか動けません

1週間、1か月、3か月、半年、1年

できるだけ近い将来に、読者の未来が激変することを伝えましょう

 

売れる文章の書き方、そのほかのテクニック

InstagramやTwitterの投稿も、売れる文章の書き方をすごく勉強できます

実際に筋トレやってる人をフォローして、写真を見たりしてみましょう

で、コメントなどもみましょう

いかにフォロワーさんが、モチベーション上げているかが分かります

 

本人ではなく、家族や親しい人のため、と訴えかける

人間は自分のためより、他人のために行動することがあります

 

たとえばジムの例でも

自分で行く気は全く無かった

でも親や子供に「一緒に行こう」と言われて会員になるケースはあります

→家族で会員になると一人当たりの会費が安くなる。と訴求できる

 

実際に試さないとわからない使用感や雰囲気を伝える

ジムの写真を撮ったり、身体の大きい人がトレーニングしてる風景を説明しましょう

 

長期間続けていて分かった変化を伝える

やる前のイメージ

やってみたイメージ

続けている人のイメージ

 

全然違いますよね

これを伝えてあげると、初心者はふむふむと、参考にしてくれます

「奥の深さ」を伝えるのがポイントです

 

まとめ 【買いたくなる文章】アフィリエイトブログでものが売れるの書き方の基本と具体例

【結論】

基本:まず感情を動かしてから、理性に訴える

具体例:トレーニングジムの例。綺麗な身体を示して(感情)、費用やモチベーションの壁を崩していく(理性)

 

このように意識して、まずはLP(商品紹介記事)を作ってみましょう

何事もチャレンジです

 

ちなみに私のコンサルを受けてくださった方の1人は、月に1万円程度の収益。

そして、あまり文章の才能がない方でした…(理系出身)

そこで、アフィリエイトの記事作成にじっくりと取り組んでいただきました。

 

  • 書いてもらっては、添削
  • クリック数などのデータを計測して、また修正
  • いくつかの商品を色々書いてみる

 

こうしたことを数か月続けたところ、

見事にアフィリエイトだけで15万円ほど稼げるようになりました!

 

諦めなければ、改善を続けていけば、誰にでも稼げる道は開けています

オワコンと言われて諦める人だけが、稼げなくなります

 

商品が売れる書き方を、身につけていきましょう!

感想・コメントをお気軽にどうぞ